ADinfo ダイヤモンド社広告サイト

AD info ニュース

クライアント・読者と共に経営戦略を考える
特設サイト「経営×KEYWORD」シリーズ

「企業の経営戦略にとって重要なテーマを考える場を作りたいと思いました」
(田村淳一・クロスメディア推進部部長)

情報を発信したいという思いがありながら、アプローチに苦慮する企業は少なくありません。

こうした企業の悩みに応えるのが、ダイヤモンド・オンラインの特設テーマサイト「経営×KEYWORD」シリーズです。法人向けに製品やサービスを提供する、いわゆるBtoB企業を中心に、クライアント企業が提供する製品やサービスから、テーマ(キーワード)を設定。タイアップ記事など、キーワードに関連したコンテンツをクライアント企業と共に制作し、特設サイトに掲載します。

オフィスを変えると仕事はどう変わる?

コンテンツ作りの秘訣は、経営戦略の視点を入れること。

特設サイトでは、キーワードに掲げたテーマが、重要な経営課題であることを明らかにし、マネジメント層の意識変革を促します。その上で、タイアップ広告を通じて、製品やサービスを提供している企業が持つ知見やノウハウが、課題を解決することを伝えます。

物流、総務、ソーシャルほか、2017年6月現在までに発信したテーマは10を超えます。

オフィス構築をサポートしてきた富士ビジネス様と取り組んだ「経営×オフィス」では、「オフィス戦略は経営に欠かせない視点の一つ」というメッセージを発信しました。

「オフィスをどう変えるか」ではなく「新しいオフィスで仕事がどう変わるのか」――。

テレワークの導入をはじめとする「ワークスタイル変革」、「生産性の向上」、「チームワークの向上」など、企業は多くの課題に直面しています。オフィスをガラス張りに改築し部署を超えた連携が生まれた企業や、コミュニケーションが活発になり社員の人事評価が向上した企業など、さまざまな事例を取材して、オフィスの改築が経営に与える影響に注目しました。

自社メディアの課題「読まれない」を解決

特設サイトを作るメリットは、ダイヤモンド社のコンテンツ制作のノウハウを活用できることだけではありません。

「自社メディアに多くのコンテンツを投入したが、読まれていない」、企業のウェブサイト担当者からは、しばしばこんな声が聞こえてきます。しかし、特設サイトをダイヤモンド・オンライン上に設けることで、伝えたい情報をビジネスパーソンに確実に届けられる。「自社メディアの運用に課題を抱えるクライアント様の力にもなれると感じています」(同)。

特設サイトの取り組みを、リアルの場へと広げていく企業も増えています。

例えば、2017年夏には「経営×総務」サイトが総務・人事・経理職向けのイベントと連携。特設サイト中のタイアップ記事広告から、「働き方改革」をテーマにした冊子を制作し、来場者に配布を予定しています。

経営戦略にとって重要なテーマの数だけ「 KEYWORD」は存在します。これからもダイヤモンド社ならではの視点を大切にしつつ、取り組みの場を広げていく予定です。