• 編集⾧挨拶(From Editor in Chief)

    未来を切り拓く意志を持ったビジネスリーダーに貢献するDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー

    DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(DHBR)のアピールポイントは、約100年の歴史を誇るマネジメント誌「Harvard Business Review」から供給される世界的クオリティの論文、他誌では読めない内容の濃い日本オリジナル記事など、様々あげられますが、最大の誇りはビジネスリーダーである読者です。彼らは新しい産業や社会をつくろうとする意志を持ち、その実行のための力を得ようと本誌を購読してくれています。

    私たちは、そうしたビジネスリーダーの力になりたい、と思い本誌を編集しています。過去の成功体験が通用しない状況の中、自ら仮説を立て未知なることに果敢に挑戦する人こそ、未来をつくります。そこには当然リスクを伴いますが、リスクを取らなければ未来は拓けないのも事実です。テクノロジーの進化、グローバル化の進展など、経済環境の変換点である今、DHBRも未来をつくる一助になりたいと考えます。

    2021年に本誌は創刊45周年を迎えました。ハイクラスのコンテンツを提供してきた本誌の歴史に、よりよい誌面作りに向けた日々の精進を重ねて、クオリティ誌としての地位をさらに高めていきます。

    DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
    編集⾧ 大坪 亮


Top