ADinfo ダイヤモンド社広告サイト

AD info ニュース

老舗優良企業6社が集結
知られざる「化学系商社の実力」

“未開の地”にアプローチした営業担当

「広告を出してくれる会社なんて、もうどこにもないよ!」
広告ビジネスに携わっていれば、誰しもそんな思いにとらわれた経験があるかもしれません。

しかし、広告主さえ気付いていない“未開の地”は、まだまだ残されています。

少し前の話になりますが、2016年11月5日発売の「週刊ダイヤモンド」に、広告主6社、全16頁とボリュームのある特別広告企画(広告特集)が掲載されました。タイトルは「化学系商社の実力」。

各社の特色がわかりやすく伝えるために、前段と後段に分けられた誌面広告
前段:社長が語る自社の今後の展望と戦略
後段:各社の事業分野・製品を詳しく紹介

化学系商社は、世界各地から原材料を調達し、工業製品のクオリティを支える“縁の下の力持ち”。創業から200年を越える老舗の優良企業も多くあります。

もっとも、化学製品の企業間(BtoB)取引に特化しているため、なかなか光が当たりにくいのが悩みの種。就職活動中の新卒生やビジネスマンに対して、ユニークな商材や好調な業績を知らせたいという思いはあるものの、どう発信していくべきか、各社の広報・宣伝担当者は試行錯誤を続けていました。

そんな業界にアプローチしたのが、クロスメディア推進部の塙花梨。
「これまで誰も当たったことのない企業に行ってみよう」と、さまざまな専門商社を訪問する中で、各社の個性が光る、この業界にたどり着きました。

塙が提案したソリューションは、化学系商社を集めた「週刊ダイヤモンド」の広告特集。個社の魅力を伝えるだけでなく、有力企業を一斉に掲載することで、化学系商社という業界も注目される点が評価されました。

驚きのテーマ選びと編集の「伝える力」

「週刊ダイヤモンド」は、経営者など多数の意思決定層を読者に持つ、ビジネス誌です。

このため消費者向けのBtoC広告だけではなく、BtoB取引を手掛ける企業の広告も得意としてきました。最近では、「建設機械」「自走式立体駐車場」といった、一見ニッチな分野でも広告特集を実施、多くの企業広告を集めています。

100年もの長きにわたり、ビジネスの最前線を追いかけてきた企画力、難しいビジネスを分かりやすく伝える編集力――。「化学系商社の実力」でも、ダイヤモンド社が持つノウハウを投じて、個々の企業や業界の魅力が詰まったタイアップを制作しました。

掲載後、数多くの読者の反響が寄せられました。
「どんな内容の会社なのかはじめて知った」「業界のイメージをつかめた」……。

狙った以上の効果に、出稿した各社も確かな手ごたえを感じたようでした。

第二・第三の“使い道”

リクルートを視野に入れ、「ダイヤモンド・オンライン」に誌面記事を転載。

広告特集の活用範囲は、雑誌の中だけに留まりません。

「化学系商社の実力」への出稿企業のうち、6社が「ダイヤモンド・オンライン」(DOL)への転載を行いました。DOLは、ビジネスの意思決定層に加え、学生など数多くの20代の読者を抱えるニュースメディアです。DOLに転載することにより、就職活動中の学生の目に触れる機会は確実に増えます。掲載期間が終了した後も1年間のアーカイブが行われるため、後日、検索されて読まれる点も評価されました。

誌面からリーフレットを作成する「抜き刷り」は、雑誌、Webに続く、広告特集の第三の掲載形態です。展示会などのイベントでの配布をはじめ、利用範囲はさまざま。「株主の配布資料として活用する企業もあれば、海外の支社に本社の方針を示すためのツールとして利用する企業もあった」(塙)と言います。

見えざるニーズを発掘し、最適なソリューションを提供することで、BtoB広告の可能性はまだまだ広がりそうです。